イラストについて

よりシンプルで、より抽象的で、より一般的となるようにイラストレーターに依頼しイラストを描いていただきました。
しかし、(Aurasmaを使用する場合)シンプルすぎるイラストはARとして認識できなかったため、少し複雑にして修正をしていただきました。

 

また、より一般的になるように描くことが困難なものも多くありました。特に動詞や形容詞等については、同じ言葉であってもイラストとして様々な表現方法が考えられました。そこで、言葉によってはイラストを複数描いてもらい、複数掲載しているものもあります。お子さんの実態や経験に合わせてご利用下さい。
その際、保護者の方や先生がお子さんと一緒にイラストを見ながら、イラストと実際に起きた状況が異なっていても同じ言葉で表現できるということを説明してあげて下さい。また、ことば絵じてんや絵日記などに利用している場合は、保護者の方や先生が手描きで実際の状況に合わせたイラストを書き添えて下さるとより良いかもしれません。イラストを通してお子さんとコミュニケーションをとるきっかけにもなり、よりその言葉に関する理解も深まることも考えられます。

 

全てのイラストはイラストレーターのはづきじゅんさんに描いていただきました。


もくじ トピックス 利用方法 解説 お問い合わせ